第18回 Pitch and Matchレポート

2022年8月26日、第18回のPitch and Matchを開催しました。この日は会場の都合で、久しぶりのKOILサロンでの開催となりました。

この日登壇されたのは2組。まず最初に、株式会社ヴァルワークスの杉山 紘一さんがお話されました。

杉山さんは基本的に受託でウェブサイトの制作およびウェブマーケティングを提供されています。大手企業からスタートアップまで多くの顧客を抱え、このKOILのサイトも三井不動産からの受託で杉山さんが制作されました。堅調に推移している受託事業ですが、受注量に波があったり、その影響でサポートが行き届かないときがあるなど、課題も感じているとのこと。そこで、新規事業としてサブスクリプション型のホームページ制作サービス『NOTEMA(ノーテマ)』を構想し、この秋のローンチを目指しています。プレゼンでは、このサービスの内容とクライアント・制作側双方のメリットなどについてご説明いただきました。安価に、とても簡単にサイトが持てるようになるという内容に、質疑応答では具体的な利用を前提とした細かな質問が飛び交っていました。

次にご登壇されたのは、ホームサポートの稲葉 諭史さん。

稲葉さんは現在、住宅関連企業(工務店・リフォーム会社・不動産会社)のWebサイト構築・運営に関するコンサル・サポートをしています。キャリアを通じて様々なかたちで住宅・不動産関連の仕事に携わってきた稲葉さんは、人の暮らし、幸福感に大きく関わるこの仕事が心から好きで、より一人一人に寄り添ったサービスを提供したいという想いから、自社事業として『エンドユーザー向け住宅不動産総合相談サービス』を着想しました。住宅・不動産は専門的な知識が必要なことも多く、大きなお金が動きますが、エンドユーザーは必ずしも必要な知識があるわけではありません。そこで、住宅・不動産に関する様々なことをユーザーが気軽に安心して相談できるサービスを提供したいと考えています。質疑応答ではサービスの内容や今後の事業展開における目標の置き方などについて、活発な意見をいただきました。


今回はお二人とも 古くからの会員さんで 、ピッチ&マッチにもいつも積極的にご参加いただいていて仲間も多いため、いい意味で遠慮のない踏み込んだ質問やアドバイスが多く交わされ、盛り上がりました。

ピッチ&マッチでは、会員さんの登壇希望を随時承っています。 お気軽にコミュニティマネージャーや受付スタッフにお申し出ください。

最新のイベント

もっと見る
FACEBOOK PAGE

フェイスブックページ

KOILの最新情報は、会員様向けのメールおよび
Facebookページよりご確認ください。